プロフィール映像上映はこんな感じ

%e4%b8%8a%e6%98%a0新郎新婦が中座したら、会場ではゲストが本格的に食事や歓談のお時間を楽しみます。

懐かしい友人や知り合いとのお話に花を咲かせたり、おいしいお料理に舌鼓をうったり、親御様は各卓へのご挨拶周りでお忙しいでしょう。

そんな中、準備が整ったら、プロフィール映像の上映です。

会場発注や、業者さんに外注もできますし、ご自身で写真など用意して、自作される方もいらっしゃいますね。

もし自作されるなら、映像に挿入するテロップ(文字)は、大きい文字にすることをお勧めします。

小さい文字だと、後方のゲストは見えづらいみたいですよ。

また画面の下部に文字を入れると、やはり後ろのゲストは前のゲストの頭で見えづらいようです。

 

プロフィール映像上映司会コメントと注意点

 

「それでは、これより新郎新婦のプロフィール映像の上映をいたします。

どうぞスクリーンにご注目ください。

会場内が暗くなりますので、お足もとにご注意ください。」

 

ひと昔前は、プロフィール映像には司会がナレーションをあてることが多かったです。

スライド上映のような感じで、一枚ごとに司会がコメントをつけていました。

現在は技術も進み、新郎新婦自らプロ並みに映像を製作できるようになりました。

正直ちょっとほっとしています。

プロフィール映像のナレーションって、とっても緊張したので…。

新郎新婦自作の映像の場合は、ぜひそのことをゲストに教えてあげてください。

上映時間は何分かも事前に確認しておいてくださいね。

できれば映像の最後のシーンを確認できると、なお安心です。